ウーマン

葉酸で妊娠しやすくする|正しい妊活の始め方

産婦人科選びは大切

妊婦

妊娠していると気づいたら、出産のために産婦人科を見つけておくことが必要になります。近隣であれば急な事態でもすぐに対応してもらえるので、近所にある産婦人科から絞込を行いましょう。

詳しくはこちら

妊娠における治療法

カウンセリング

人間は生きていく中で、更年期障害や甲状腺障害、またエイズや脂漏性角化症などの様々な健康不安に直面することが懸念されます。そこで、病について知ること、そしてその乗り越え方を知ること、それらが重要です。

詳しくはこちら

原因と不妊の対策

女医

生命の誕生は奇跡

自分の都合で子供は授かれません。子供が欲しいと思った時には卵子の質が低下していて、妊娠の確率が非常に低くなっていて治療が必要になることもあるでしょう。特に近年では初産の年齢も上がってきて30代での出産が当たり前になってきました。30代前半はまだ大丈夫ですが、後半になると一気に身体が変化すると言われています。見た目は若く見えても身体の中は確実に衰えていると言って良いでしょう。30歳を過ぎてから妊活をして、2年以上妊娠しない場合は身体に問題があるかもしれません。20%前後の確率でタイミングを合わせれば妊娠する計算ですので、順当に行けば半年程度で妊娠に至ります。長年妊娠しない場合は病院で検査をすることをおすすめします。

妊娠するために

妊娠したくても出来ない場合があります。自然妊娠が不可能だったとしても不妊治療を行えば妊娠出来ることもあります。100%の確率ではありませんが、病院で不妊治療を行わないよりは確率があがります。不妊治療をするときは最初に検査を行います。肉体的に異常が見られない場合は排卵日を間違えてタイミングを取っている可能性もあるので、まずはタイミング法から始めるのがほとんどです。高温期と低温期が綺麗に二層になっていない場合は黄体ホルモンに問題があると考えられるので誘発剤などを使用するでしょう。病院によって不妊治療に関する考え方が異なるので、信頼できる医師に診てもらうのが重要です。病院選びも不妊治療をする際には大切になります。また、自宅で出来ることと言えば妊娠しやすい体づくりです。温かい恰好をしたり、普段から体を冷やさないようにすることで少しでも妊娠しやすい体にすることが可能です。その他にも、葉酸サプリを服用していくと良いでしょう。妊娠が発覚する前から葉酸を摂取することは推奨されており、妊娠しやすくするだけではなく胎児の先天性異常を防ぐことが出来るからです。葉酸と言えば野菜からも摂取することが出来るのですが、十分な量を摂取することは難しいといえます。ですから、しっかりと摂取するためにも葉酸サプリの服用は欠かすことが出来ないと考えられます。

流れを知る

考える女性

子供を授かる為に行なう不妊治療は、現在効果的な方法もありますので気を落とすことはありません。検査を入念に行ない個人に合わせた治療を徹底して進めていきます。まずは詳しい流れを把握していきましょう。

詳しくはこちら